足首の捻挫②

 最近、足を捻ってのケガの患者さんが多いです。足の捻挫は後々まで、身体全体に影響が及ぼします。常に地面に着地して体重の負荷を直接に受けるわけですから、足首に緩さがあると踏ん張りに差は出てきます。

 特に多いのが外側側副靭帯という前距腓靭帯、踵腓靭帯、後距腓靱帯の3つの靱帯からなるもので、特に前距腓靭帯が多く痛める方が多いです。たかが捻挫と思わず、しっかり治療をすることをおススメします!テーピングや場合によっては包帯での固定も必要になります。腫れなどがある場合には周りの筋肉にマッサージや鍼灸にて緩和させることもできます。捻挫など気になっていることがあれば是非ご相談ください!

この記事を書いた人

asagaya.shishimai