五臓六腑にしみわたる |阿佐ヶ谷獅子舞 鍼灸院・整骨院|

よくではないですが「五臓六腑にしみわたるわぁ」と聞くことがあります。

五臓六腑というのは東洋医学の考え方で、

五臓  心臓・肺臓・肝臓・腎臓・脾臓

六腑  胃・小腸・大腸・膀胱・胆嚢・三焦

を意味しています。六腑にある三焦という臓器は存在しないので

実質的なものでいえば、五臓五腑なのかも知れません。

五臓の臓は、内部が充実している器官。中身の詰まった器官ともいえますが、

対して、六腑の腑は、中身が空洞の器官になります。

「臓」に関して言えば、脾臓は現代医学でいう膵臓にあたる考えともいえますし、

「腑」に関しては、口から入って喉→食堂→胃→十二指腸→小腸→大腸→肛門の流れは空洞の中を通っており内臓ではありますが、外部との見方もします。

東洋医学の臓や腑は、現代医学の臓器とは違うものであり、象徴のようなものではありますが、大まかなイメージとしては、これら臓器にどこかで歪が生まれると、全ての臓や腑に影響が及び、不調が生まれるのが東洋医学の考え方になります。

この記事を書いた人

asagaya.shishimai